So-net無料ブログ作成

六厘舎TOKYO(東京駅ラーメンストリート) [探麺隊の活動]

東京駅の八重洲口地下街の端っこのラーメンストリートにある六厘舎TOKYOに行ってきました。

当然、前から知っていて、いつ見てもすごい行列だなぁ・・・と気後れして素通りしていたんですが、
意を決して、初めて行ってきました。(そんなおおげさなことか?)

行ったのは、平日の19時頃。行列は意外と少なく、30分で入れました。
このお店は昼間と昼ご飯の終わった午後の時間帯もずっと混んでいる(「ここから60分待ち」の札以上に並んでいる)から、夜の方が空いているみたい(外れていたらゴメンナサイ)。

食べたのは味玉つけめん950円+豚のせ300円で1,250円
豚のせは、これでもか[exclamation]というスゴイ迫力とボリュームで、
思わず「ゴメンナサイ、私が心得違いをしていました...」と謝りたくなる感じ(なんだ、そりゃ?!)
とても美味しく、ボリュームもあり、夕飯でも十分でした(夜にボリュームを求めるのが悪い癖)。

麺の太さもスープの濃さも特筆ものではありつつも、
最近は類似店・模倣店も増えている感じで、ちょっとしたデジャ・ヴュを感じました。
(模倣店と知らずに食べていた?)…スーパーでも売ってるし。買ったことないけれど。


なお、大勢並ぶから狭い店内に大勢席を作りたいのは分かるけれど、この季節にコートの置き場もなく、
カウンターでしたが隣とも近くて、コートを脱ぐと始末・置き場に困る感じで、
結局、コート着たまま食べました[バッド(下向き矢印)]
ちょっとホスピタリティに欠ける気がしました。
そんなこんなで、狭いところで落ち着かずに食べたので心の余裕がなく、今回も写真なしです。


タグ:六厘舎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0