So-net無料ブログ作成

予告犯 [映画 や行]

◆ 予告犯 
2015/6/6(土)公開
20150606_yokokuhan_01.jpg



 筒井哲也の同名人気コミックスを「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督で実写映画化したクライム・サスペンス。ネットで犯行予告動画を公開し、社会の不正義に対する私的制裁を繰り返す謎の男と、それを追う警視庁サイバー犯罪対策課の女性捜査官の緊迫の攻防をスリリングに描く。主演は「脳男」の生田斗真と「SPEC」シリーズの戸田恵梨香。共演に鈴木亮平、濱田岳、荒川良々。
 ある日、新聞紙を被った男がネット上で、集団食中毒を起こした食品加工会社に対する制裁を予告する。翌日、確かにそれは実行された。その後も、法律では裁かれない不正義に対する制裁の予告とその実行が繰り返され、マスコミも巻き込んで社会現象化していく。ネット犯罪を取り締まる警視庁サイバー犯罪対策課の吉野絵里香は、通称“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。そしてシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることを突き止める絵里香だったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年6月6日(土)】

20150606_yokokuhan_02.jpg


面白そうではあるものの、過度の期待は抱かないように...と観に行きました。


え!狙いはソコ?ってのはありました。
面白かったです。
予告犯行の小粒感(特にFile001、002)がなんともなぁ...な感じはあったけれど、まぁ、そこがリアルの気もする。

戸田恵梨香が東大出のキャリア警部には見えなかったけれど、六本木の路地を走って走って走って、川の中まで追いかけて、蓮っ葉に捨て台詞的に叫ぶところは、それらしかった。
貧乏で給食費の支払いに事欠いて・・・という生い立ちが挿入され、社会の底辺からでも這い上がれば這い上がれるという信念を抱いているキャラ(戸田)と、主人公・生田斗真の派遣社員としてパワハラ、ネグレクトを受け、その後の求職も上手くいかず浮上できない境遇のキャラとが反応・反作用&共鳴していくところは上手く描けていると思う。
20150606_yokokuhan_03.jpg


WOWOW でドラマの予告犯(「予告犯-THE PAIN-」映画の1年後の設定)をやっているけれど、今のところ、まるで面白くない脚本が悪いのか何か知らんけれど、登場人物の言動等がリアリティに欠けると思える。「公開裁判」と言いつつ、裁判官が検察官も兼ねていて弁護人は居ないとか、基本的な裁判の体をなしていない。首謀者が本物の裁判官だという設定だけれど、それならこんないい加減なやり方を仮にも「裁判」と称するわけがない(プロの誇りが無いなら別だが....)。上っ面の知識、思い付きだけ、調査・研究不十分でやっているような浅薄さが漂っている。
単純に、初代予告犯踏襲の告発だけ、独善的な自警行為だけ、の方がWeb上での「予告行為」には馴染み易いと思うが、オリジナリティを出そうと無理にアレンジして失敗している感が強い(検討不十分だから)。
なんか、WOWOWでやるドラマは、みな、こんな風に底が浅くて粗が目立つ気がする....
宣伝に力入れる前に、数をこなす前に、1つ1つを丁寧にしっかり作ることが先だと思う。
こんなのが続くようなら見限る。

・・・・あ、別の話になっちゃった....(笑)





予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 筒井 哲也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: コミック













nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0