So-net無料ブログ作成

チャッピー [映画 た行]

◆ チャッピー 
2015/5/23(土)公開
20150523_chappie_01.jpg



 「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、警察の戦闘用に開発されたAI(人工知能)搭載の学習型ロボット“チャッピー”を主人公に描く近未来ハード・バイオレンスSFアクション。ひょんなことからギャングに育てられることになったチャッピーの“成長”の行方と、様々な人間の欲望と思惑に翻弄される彼を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。「第9地区」のシャールト・コプリーがチャッピーのパフォーマンス・キャプチャーと声を担当。共演にデヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー。
 2016年。南アフリカの犯罪多発都市、ヨハネスブルグ。ディオンは警察用ロボットを開発する軍事企業テトラバール社に勤める才能溢れるエンジニア。彼は世界初となるAI搭載の戦闘用ロボットの製造を会社に提案するが、却下されてしまう。そこで、会社には内緒で独自にAIロボットを製作するが、あろうことかギャングに誘拐されてしまう。ギャングたちは、“チャッピー”と名付けたそのロボットに強盗を手伝わせようと目論んでいた。そんなギャングたちが与える知識を、スポンジが水を吸うように吸収し、急速に成長し始めるチャッピー。そんな中、ディオンの同僚で彼に激しい敵意を抱くヴィンセントがチャッピーの存在に気づき、ある奸計をめぐらすが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年5月24日(日)】

こういう分野は好きです。日頃はあまり悪役をやらない印象のヒュー・ジャックマンが悪役というところにも興味を惹かれました。
ただ、チャッピーの造形はまるっきり(我が日本が誇る)パトレイバーの縮小版。パッと見だと同じに見える.....

20150523_chappie_02.jpg




ニール・ブロムカンプ監督らしい映画だと思う。いろいろと考えさせられる要素を一杯含んで娯楽作品に仕上げている。

ヒュー・ジャックマンが珍しく、ホントに嫌なヤツの悪役(しかも、人間としてちーさくてダメなヤツ)をやっていた。

ニンジャとヨーランディという二人は初めて見たけれど、なかなか印象的。 (しかし、、、、そのまま「ニンジャ」を芸名にしちゃったんだ... )

ニール・ブロムカンプ監督といえば付きもののシャルト・コプリーは、今回、チャッピーのモーション・キャプチャーと声を担当。まぁ、そのまま、チャッピーを演じているというべきなんでしょうね、こういう場合.....

シガニー・ウィーバーは、女社長だけれど、なにか「彼女でなきゃイケナイ」とか「彼女だから良かった」というポイントは無い。なんか、最近こういう役・演技が多い気がする.....

映画の終わりの方はかなりツッコミどころ満載。そもそも、人間用のパーツ、機械、アタッチメントでそのまんま・・・てのはどうなの・・・・。 もっともそうしないと、終わらせられないんだけれどね....こういうところも含めて、目を瞑ってもいいかなぁ...という気にさせるチカラがある気がする、この映画には。

最後は、何とも言えない。ハッピー・エンドではない。
「最悪ではなくする」ための落とし処??? でも、これなら、いっそ・・・と考えるヒトも居ると思う。
欧米人の考え方ならコレは許容範囲なのだろうか....
・・・・と悩む類の映画ではないけれど。







チャッピー

チャッピー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rambling RECORDS
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: CD



ポスター A4 パターンB チャッピー (原題) 光沢プリント

ポスター A4 パターンB チャッピー (原題) 光沢プリント

  • 出版社/メーカー: 写真フォトスタンド APOLLO
  • メディア:



ポスター A4 パターンE チャッピー (原題) 光沢プリント

ポスター A4 パターンE チャッピー (原題) 光沢プリント

  • 出版社/メーカー: 写真フォトスタンド APOLLO
  • メディア:



Chappie: The Art of the Movie

Chappie: The Art of the Movie

  • 作者: Peter Aperlo
  • 出版社/メーカー: Titan Books
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: ハードカバー












nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 4

コザック

こんにちは
コレよかったですね~(^^)
つっこみどころも考えさせられることもいろいろあったけど
なんともライト感覚近未来SFなところがいいし、チャッピーとヨーランディのやりとりや、ヒュー・ジャックマンの悪役もいい味だしてました。
by コザック (2015-06-21 12:43) 

怪しい探麺隊

>コザック さん
こんにちは。nice! とコメントをありがとうございました。
真面目に作っているんだけれど、ちょっと脱力系の会話とかありましたね(笑)
まぁ、狙って醸し出してる部分もありそうですが....
by 怪しい探麺隊 (2015-06-21 16:32) 

non_0101

“パトレイバーの縮小版”ですよね~
あのアンテナ耳の雰囲気とか。
少し前に実写版を観ただけに、う~んと思ってしまいました^_^;
by non_0101 (2015-06-21 20:26) 

怪しい探麺隊

>non_0101 さん
こんばんは。nice! とコメントをありがとうございました。
よく行くシネコンのポスターを8~10枚並べて貼ってあるコーナーで
チャッピーとパトレイバーのポスターを隣り合わせて貼っていました。
アレはきっとワザとだと思います....

by 怪しい探麺隊 (2015-06-21 20:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0