So-net無料ブログ作成

イニシエーション・ラブ [映画 あ行]

◆ イニシエーション・ラブ 
2015/5/23(土)公開
20150523_initiationlove_01.jpg



 巧みな叙述トリックで評判を呼んだ乾くるみの同名ベストセラーを「20世紀少年」「SPEC」の堤幸彦監督が、“映像化不可能”と言われた原作とは異なるエンディングで映画化したラブ・ミステリー。出演は松田翔太、前田敦子、木村文乃。【Side-A】バブル最盛期の1980年代後半、静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、気乗りしないまま参加した合コンで、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。鈴木はマユに釣り合う男になりたいと自分を磨いていくが…。
【Side-B】就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、マユとは遠距離恋愛に。やがて東京本社の同僚・美弥子に心惹かれていく鈴木だったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年5月23日(土)】

20150523_initiationlove_02.jpg



20150523_initiationlove_03.JPG

1980年代後半というのはちょうど就職した頃なので、主人公とほぼ同世代なのでとても懐かしい感じだった。 カセットテープや車、電話、BGM、その他諸々が何もかも懐かしい....
なんか、我が世代の「あるある」を散りばめたような映画だったけれど、コレがいまどきの若い子にもウケるのだろうか?と思うけれど、映画自体は面白かった。
ネタばれ厳禁なので、いろいろ書けないけれど、堤幸彦監督らしい仕掛けの多い映画だった。
後から振り返ると「なるほど....」というポイントは多々ある。ただ、「あなたは必ず2回観る」という宣伝文句通りになるかというと、ヒトそれぞれだと思う....

20150523_initiationlove_06.JPG
前田敦子のカメラ目線のドアップは、最終兵器というか掟破りというか強烈だったけれど、
個人的には木村文乃の方が良いなぁ....
20150523_initiationlove_05.JPG


20150523_initiationlove_04.JPG










イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04/10
  • メディア: 文庫



イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04/10
  • メディア: Kindle版



謎解き『イニシエーション・ラブ』

謎解き『イニシエーション・ラブ』

  • 出版社/メーカー: ゴンザの園
  • 発売日: 2013/03/11
  • メディア: Kindle版



イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS-

イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: CD



オリジナル・サウンドトラック「イニシエーション・ラブ」インストゥルメンタル

オリジナル・サウンドトラック「イニシエーション・ラブ」インストゥルメンタル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: CD













nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

non_0101

前田敦子さんも木村文乃さんも、バブリーな時代の雰囲気を上手く出していましたね。
“前田敦子のカメラ目線”は凄かったです~☆
by non_0101 (2015-06-21 20:19) 

怪しい探麺隊

>non_0101 さん
こんばんは。nice! とコメントをありがとうございました。
えぇ、あのカメラ目線で小首を傾げて微笑まれると、
クラっとめまいがしましたから....
by 怪しい探麺隊 (2015-06-21 20:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0