So-net無料ブログ作成

シンデレラ [映画 さ行]

◆ シンデレラ 
2015/4/25(土)公開
20150425_Cinderella_01.jpg



 ディズニー・アニメの名作「シンデレラ」を、「から騒ぎ」「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督で絢爛豪華に実写映画化したファンタジー・ラブストーリー。ヒロインのシンデレラ役はハリウッド期待の新星リリー・ジェームズ、共演にケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、ヘレナ・ボナム=カーター。また、空前の大ヒットとなったディズニー・アニメ「アナと雪の女王」のその後を描いた短編アニメ「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」を同時上映。
 幼くして母を亡くし、彼女の“どんな時でも勇気と優しさを忘れないで”という言葉を胸に、まっすぐな女性へと成長したエラ。ある日父が再婚し、エラにはまま母とその連れ子としてやって来た2人の姉ができる。しかし父が亡くなると、まま母と義姉たちはエラに辛く当たるようになる。そんなある日、城で国中の若い女性を集めて舞踏会が開かれることになり、エラの家にも招待状が届くが、舞踏会に行きたいというエラの願いはまま母によって阻止されてしまう。悲しみに暮れるエラだったが、そんな彼女の前に陽気な魔法使い“フェアリー・ゴッドマザー”が現われる。彼女の魔法によって華麗なドレスとガラスの靴を身にまとい、美しく変身したエラ。同じくフェアリー・ゴッドマザーが用意したカボチャの馬車に乗り、ついに念願の舞踏会へと向かうエラだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年4月26日(日)】

20150425_Cinderella_02.jpg


20150425_Cinderella_04.jpg

いやぁ、ケイト・ブランシェットの映画でしたね....

20150425_Cinderella_03.jpg

新鋭リリー・ジェームズも頑張っていたけれど、所詮、勝負にならない....

20150425_Cinderella_05.jpg
キャスティングでも一番目はケイト・ブランシェット。 
あのー、主人公は継母ではないんだけれど...(苦笑) 
20150425_Cinderella_07.jpg
ケイトさん、そこんとこはリリー・ジェームズ嬢に譲るべきだったと思うよ、いや、マジで。。。。
そんなところで主張しなくとも、立派に貴女が一番目立っていたから。そこで強く主張しても貴女自身のためにはマイナス印象だったと思うなぁ.... などというのが最大の感想です。ちなみに観たのは字幕版です。

女の子の夢華麗な舞踏会のシーンなんぞはさすがに美しかったです。
20150425_Cinderella_09.jpg
20150425_Cinderella_10.jpg


でも、要所でケイト・継母・ブランシェットが、抜け目なくポイントを押さえているところが描写され、
20150425_Cinderella_08.jpg
 シンデレラが苦境に陥る....

まぁ、それもこれもお約束の大団円に向かって溜めに溜めているといえばその通りなんですが....










シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD



【チラシ付映画パンフレット】 『シンデレラ』 出演:リリー・ジェームズ.ケイト・ブランシェット

【チラシ付映画パンフレット】 『シンデレラ』 出演:リリー・ジェームズ.ケイト・ブランシェット

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • メディア: おもちゃ&ホビー












シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD
















nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 4

コザック

ケイト・継母・ブランシェットの映画でしたネ(^^)/
私は、一番理知的で策士で娘を大事にする母親。。
エラちゃんいなければ絶対的な主役を張れる存在でした☆
彼女がいなければエラはシンデレラにはなれなかったんですものね!
by コザック (2015-06-02 00:44) 

怪しい探麺隊

>コザック さん
こんばんは。nice! とコメントをありがとうございました。
確かに自分の娘はとんでもなく大事にして、亡夫の連れ子(エラ)を使用人扱い(「扱い」を超えているけど。。。)して、財産完全乗っ取りの末、総て浪費し尽すという極悪非道ぶり.... チカラ技であって、単にエラが言い返したり反撃しなかった・・・という要素も大きい気がします。
by 怪しい探麺隊 (2015-06-02 01:02) 

coco030705

こんばんは。
シンデレラのリリー・ジェイムスの純真さとかわいらしさ、それに対して、ケイト・ブランシェットの悪賢い個性的な美しい継母、対比がよく二人ともいい仕事してましたよね~~☆ 王子様のリチャード・マッデンも「暮れ逢い」とは比較にならず素敵で、リリーちゃんとの相性も良かったと思います。
ケイトと継娘たちの衣装が本当にお洒落でステキでした。それに比べて、リリーちゃんのブルーのドレスはいわば日本の白無垢のようなもので、きれいなだけで魅力的とは言いかねました。ケイト・ブランシェットも大満足だったのでは?!

by coco030705 (2015-06-05 18:24) 

怪しい探麺隊

>coco030705 さん
こんばんは。nice! とコメントをありがとうございました。
ドレスと、舞踏会シーンなどの豪華絢爛さは、
やっぱりこの映画のキモの部分のひとつだし、力が入ってましたね。
ディズニーらしい大人から子供まで楽しめる正統派のシンデレラでした。
by 怪しい探麺隊 (2015-06-06 04:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0