So-net無料ブログ作成

トワイライト ささらさや [映画 た行]

◆ トワイライト ささらさや  を観ました。
2014/11/8(土)公開
20141108_twilightsasarasaya_01.jpg


 人気ミステリー作家・加納朋子のベストセラー小説『ささら さや』を新垣結衣と大泉洋の共演で映画化したハートフル・ゴースト・ストーリー。小さな田舎町“ささら”を舞台に、愛する妻子が心配で成仏できずに幽霊となって彷徨う男が、他人の体に乗り移って妻子を助けようと奮闘する姿を、ささらの人々の優しさと夫婦の絆を軸に心温まるタッチで綴る。監督は「60歳のラブレター」「神様のカルテ」の深川栄洋。
 売れない落語家のユウタロウは、愛する妻サヤと生まれたばかりの息子ユウスケを残して事故で他界。しかし、両親を早くに亡くし、頼れる親戚もいない孤独で気弱なサヤが心配で成仏できない。そんなサヤの前に、絶縁状態だったユウタロウの父が現われ、孫を強引に引き取ろうとする。ユウタロウはたまらず師匠の体に乗り移り、サヤにユウスケと一緒に逃げろと伝える。その言葉に背中を押されて辿り着いたのは、ちょっと不思議な田舎町ささら。ユウスケと2人で途方に暮れるサヤの前に、再びユウタロウが他人の姿で現われる。どうやら、彼のことが見える人間には、一度だけ乗り移ることができるらしい。こうして、いろいろな人の体を借りて現われるユウタロウと優しいささらの人々に支えられ、母親として少しずつ逞しさを身につけていくサラだったが…。
≪ all cinema online より ≫


新垣結衣も大泉洋も好きなので、コレは観に行くしかなかろう....と思っていました。
封切りの土曜日にはちょっと1日中の用事があったので、翌日曜日に早速Go!! です。

20141108_twilightsasarasaya_03.jpg
20141108_twilightsasarasaya_02.jpg


【鑑賞日:2014年11月9日(日)】



新垣結衣が演じる初々しい母親がとてつもなく良く、また、息子役の赤ん坊がこの上なくかわいかった
4歳児に乗り移るシーンの子役も超かわいい

一方で、大泉洋は若干ワリを喰っていたような.....
大泉洋の売れない落語家の超江戸っ子風語り口がワザとらしい(イマドキ、高座以外でも(=ふだんから)こんな喋り方ってオカシイでしょ....)のは、憑依した時の特徴を出すための演出なんだろうけれど、なんかもう少しやり方が無かったかなぁ・・・と言う気がする。
大泉洋はかなり好きな役者なんだけれど、ひょっとすると、本人も納得いってないんじゃなかろうか.....
(新垣結衣が良すぎるのかも知れないなぁ.....)
20141108_twilightsasarasaya_04.jpg

今回、ヨウタロウに憑依されたシーンの練習用に、大泉洋と新垣結衣で一旦演じたシーンを撮ってDVDで乗り移られる役者に渡して、大泉のクセの真似の練習して・・・・というやり方をしたそうだけれど、それだけ苦労して、自身の登場シーンはそう多くなく、結構損な役回り....
オマケに元々天然パーマが特徴の大泉洋に更にクリクリアタマのカツラまで被せているのは何でじゃろ??
なんか、演出にクセが強い気がする。
新垣結衣の若い母親役だけ別格のリアリティーなんだけれど、それ以外の登場人物はみなちょっと特徴を誇張しすぎた人物像に演出されていてなんだか全体のバランスが悪い気がする......
また、ささらの町の様子がジオラマ風(私はジオラマだと確信していたけれど、HPの解説見ると特殊レンズの効果であるようで、実景を撮ったそうです)で、再々、駅やらお稲荷さんやらの鳥瞰が出てくるのはファンタジーであることを強調する意図の演出? なんか、安易なような、シックリこない感じが残って、何が気になるのか、ウマく表現できない......

大泉洋と確執のあるオヤジ(石橋凌)に関する描き込みがすごく不足で、なんか中途半端感がつのるし、「ファンタジーにしても最低限持つべきリアリティー」の足を引っ張っている気がする。

結果的に新垣結衣ファン(me too)のための映画でしかないような気がする

こう書くとすんごい酷評な感じだけれど、新垣結衣も大泉洋も好きなのでちょっと期待が大きかったからかも知れません。
普通に観れば合格点クラスをグンッ!と越えていくクラスの映画だし、映画館では終盤でグスングスンいってるヒトも居ました。観て気持ちいい類の映画です。
普通に先入観なしで観に行くといいと思います。(←こんだけ書いといて最後にコレかい!?)

20141108_twilightsasarasaya_05.jpg









「トワイライト ささらさや」 オリジナル・サウンドトラック

「トワイライト ささらさや」 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2014/11/05
  • メディア: CD



ささらさや (幻冬舎文庫)

ささらさや (幻冬舎文庫)

  • 作者: 加納 朋子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫



ささら さや

ささら さや

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: Kindle版



Screen+プラス vol.47 (スクリーン特編版)

Screen+プラス vol.47 (スクリーン特編版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 2014/10/28
  • メディア: ムック












nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0