So-net無料ブログ作成

博多長浜屋台やまちゃん(銀座店) [探麺隊の活動]

博多長浜屋台やまちゃん(銀座店)です。

かなり濃厚なトンコツスープですが、臭みは全くなく、とても美味しいです。
ここの特徴と感じたのは表面に透明な油の層があること。
昔、「札幌ラーメンは寒いところだから冷めないようにスープ表面に油の層がある。」と聞いたのを思い出しました。屋台も屋外で寒いからなんでしょうか?(冬以外はどうするんだ!?ってハナシですが....)
油の層があるといっても、別段、すごく脂っこいということもなく、なんとも不思議なスープです。

なんとなく、今回、写真は撮っていません。
お店は地下鉄・東銀座駅のすぐそばのビルの1階です(銀座3丁目)。
寒い時期なので入口に透明な、結構分厚いビニールシートののれん?があって、
正直いって、身体で押しのけて入るのに物理的な抵抗感がありました。
店内が見えるように…と、店内の温度維持…の両立のためなんでしょうけれど、なんかちょっと不思議な感じがしました。これも屋台っぽさの演出なんでしょうね、きっと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0