So-net無料ブログ作成

東京油組総本店 銀座組 [探麺隊の活動]

東京油組総本店 銀座組」に油そばを食べに行きました。

「油そば」というのは、どちらかと言うと東京北多摩地区で流行りだしたといわれる汁無しラーメン
以前はそちら方面に住んでいたので、何度も食べたことがあって結構好きです。
お酢やラー油を好きなだけ入れて、自分の好きな味に整えて食べるというのも特色です。(お酢を入れるとサッパリ感が増して一層美味い。)


少し前に、用事があって銀座を歩いていてこの店を偶然発見。
」一文字の看板がやけに目立つ。
隣は「じゃんがらラーメン」です。
「じゃんがら銀座店」は、前は別のところにあったけれど、ビルの建て直しで閉店して、しばらく銀座店無し状態でしたが、いつの間にか(私に無断で)場所を移して再開していたのをこの時知りました。

「じゃんがら」にも食指は動いたけれど何度も食しているので、より興味を引いたのは「東京油組総本店 銀座組」の方。

この店はカウンターだけの狭い店ですが、なんかこぎれいで、アルミのイスとか、カフェみたいなものを使った店でした。
油そばはカロリーが普通のラーメンの2/3。塩分が半分。特製の油は脂肪燃焼効果が高く、ビタミンEやポリフェノール、アミノ酸も豊富で…」等と書いて貼ってある。 女性客も呼びたいんでしょうね。
そう言えば、スープが無いんだから、スープ分のカロリーが低いし、わざわざ塩分をスープで薄めるんだからラーメンの方がその分多くの塩を入れる必要がありそうで、きわめて合理的で説得力に満ちている。

…でも、残念ながらその日は寄れない事情があったので、後日、出直すことにしました。

麺の量は3種類(並み160g、大240g、W320g)で料金は同じ。 味は「油そば(680円)」と「辛味噌油そば(730円)」。
…で、油そば(並)+半熟玉子を選択。 カウンターで待っていたら、女性の一人客が来たので店の狙いはバッチリのようです。。。

出てきた丼の面積の1/3くらいを細青ネギの小口切りが覆っていたんだけれど、コレはどうやら半熟玉子とのセットオプションだったみたい。油そばは熱いうちに酢やラー油を入れて速やかにかき混ぜて食べるのが流儀ですが、この青ネギが絶妙に美味い!!

私のほぼ食べ終わった頃、例の女性一人客(OLの帰り風)が「柚子胡椒をください」って頼んでました。
うーーーーー、私も知ってたら試したかったのに、もう食べ終わってしまった。。。とても残念。

久々の油そばは美味かったです。 近いうちに柚子胡椒リベンジします

書き忘れたので追記します!
カウンターにタマネギのみじん切りの入れ物があります。
血液サラサラになるから…」とか、オススメのコトバも添えて。
たっぷり入れるとウマイです[exclamation×2]
絶対のオススメ[爆弾]です


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0